2019年2月18日 (月)

説話「お地蔵さま」

いろいろな仏さまがおいでですが中でも身近な仏さまの一人がお地蔵さまです。かさこ地蔵や、とげぬき地蔵など。又、お地蔵さまの身代わり話など、昔話に数多く語られてきたのも、その証でしょうか。及び、街の辻々にお祀りされ、子供...

» 続きを読む

2019年2月17日 (日)

説話「空念仏」

“からねんぶつ”とも“そらねんぶつ”とも読みます。読み方によって各々意味合いが幾分異なるようです。 次のような説話(仏教昔むかし話)があります。「生前中いつも、“南無阿弥陀仏”、“ナムアミダブツ”と唱えていた人がござ...

» 続きを読む

2019年2月16日 (土)

説話「一心に拝む」

お経のはじめの文句によく、「一心頂礼」、「一心敬礼」、「一心称名」と言う言葉が出てきます。何の気なしに「一心」とお唱えいたしておりますが、そこには深い意(こころ)が隠されています。昔から、お経を読むには三つの読み方が...

» 続きを読む

2019年2月15日 (金)

説話「供養の心」

人は実に多くのものを遺してこの世を去っていきます。形あるものは皆で分けることができますが、時には争いとなってしまう場合もあります。形のあるものばかりではなく、形がなくてもすばらしいものを沢山遺していきます。それはその...

» 続きを読む

2019年2月14日 (木)

説話「慈悲」

「慈」とはいつくしみの心であり人々の幸せを願う心です。「悲」は人々の声にならないうめき声を聞きとり救わずにはおれないという心のことです。 会社や地域、社会の為に笑顔を忘れず、生き甲斐をもって混沌とした世相を「諦めた」...

» 続きを読む

2019年2月13日 (水)

説話「忘己利他(もうこりた)」

「人間の性(さが)として、私たちはどうしても自分中心に考えてしまうことがあります。もっと欲しい、こうして欲しい、などとまわりに望むことが多くなりがちで、我欲が先立ちます。 最澄(さいちょう:天台宗の開祖)の言葉に『己...

» 続きを読む

2019年2月12日 (火)

「修活」から考える「終活」:期待できる効果(介護者や医療者に自分の意思が伝わりやすい)

「修活」は終わりに向けて活動することが目的ではありません。自分らしく生きるためにはを考えて実践する人生の設計&活動です。記録を「人生デザインノート」に残します。「修活」には「終活」も含まれます。その終活を行うことによ...

» 続きを読む

2019年2月11日 (月)

「修活」から考える「終活」:期待できる効果(後悔が少なくなる)

「修活」は終わりに向けて活動することが目的ではありません。自分らしく生きるためにはを考えて実践する人生の設計&活動です。記録を「人生デザインノート」に残します。「修活」には「終活」も含まれます。その終活を行うことによ...

» 続きを読む

2019年2月10日 (日)

「修活」から考える「終活」:期待できる効果(慌てなくてすむ)

「修活」は終わりに向けて活動することが目的ではありません。自分らしく生きるためにはを考えて実践する人生の設計&活動です。記録を「人生デザインノート」に残します。「修活」には「終活」も含まれます。その終活を行うことによ...

» 続きを読む

2019年2月 9日 (土)

「修活」から考える「終活」:なぜ「終活」を行う人が増えてきたか

「修活」は終わりに向けて活動することが目的ではありません。自分らしく生きるためにはを考えて実践する人生の設計&活動です。記録を「人生デザインノート」に残します。「修活」には「終活」も含まれます。その終活を行う人が近年...

» 続きを読む

2019年2月 8日 (金)

「修活」から考える「終活」

「修活」は、終わりに向けての活動が目的ではありません。“人生を自分らしく生きるためにはどうすればよいかを考えて実践する自分自身の人生の設計&活動です。考えた事を記録するのが「人生デザインノート」で、 未来(将来)に向...

» 続きを読む

2019年2月 7日 (木)

「修活」は人生活動そのもの

「終活」に関して次のような質問が多々あります。“終末に向けての活動というのはイメージが暗い。エンディングというのは気乗りがしない。何か前向きに思える方法はないか。等々”。 そこでお勧めしているのが「修活」です。『ここ...

» 続きを読む

2019年2月 6日 (水)

先輩からの贈り物「お世辞が上手に言えるようになるまでは決して結婚してはならない」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『ドロシー・ディック(米国のジャーナリスト。新聞の人生相談のコラムニストの先駆者。)のことばです。「独身...

» 続きを読む

2019年2月 5日 (火)

先輩からの贈り物「嫌われる会話の条件」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『“人に陰で笑われたり、軽蔑されたりしたかったら、次の条項を守るに限る。” 一.相手の話を決して長くは聞...

» 続きを読む

2019年2月 4日 (月)

先輩からの贈り物「説得するにはまず相手にしゃべらせる」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『相手を説得しようとして自分ばかり喋る人がいます。これでは話すことが的を得ているかどうかも怪しいし、説得...

» 続きを読む

2019年2月 3日 (日)

認知症の発症リスクを減らす「軽度認知障害(MCI)判断の難しさ」

異変の気づきが認知症予防につながります。「本人や周囲の人が何かおかしいと異変に気づいたら、医療機関で受診することが基本的な認知症の早期予防になります。」 ・認知機能低下が軽微な場合、テストの結果や画像検査だけで明確に...

» 続きを読む

2019年2月 2日 (土)

認知症の発症リスクを減らす「早期発見の重要性」

異変の気づきが認知症予防につながります。「本人や周囲の人が何かおかしいと異変に気づいたら、医療機関で受診することが基本的な認知症の早期予防になります。」 ・早く気づけば気づくほど様々な対策を講じることが可能で、認知症...

» 続きを読む

2019年2月 1日 (金)

認知症の発症リスクを減らす「軽度認知障害(MCI)は必ずしも認知症になるとは限らない」

認知症に移行する可能性はあるが、MCIと診断されたすべての人が必ずしも認知症になるというわけではなく回復する可能性はあります。 ・これまでの研究報告では、14%~44%が回復しています。 ・認知機能の低下が進み、1年...

» 続きを読む

2019年1月31日 (木)

認知症の発症リスクを減らす「軽度認知障害(MCI)とみなされる状態とは」

正常とはいえないが認知症とも診断できるレベルではない、認知症の前駆状態またはグレイゾーンともいうべき状態を指します。例えば次のような状態です。 ・認知機能の低下が徐々に進んでいて、認知症と診断される手前の状態。 ・本...

» 続きを読む

2019年1月30日 (水)

認知症の発症リスクを減らす:軽度認知障害(MCI)とは

軽度認知障害:MCI(Mild Cognitive Impairment1)は、正常とはいえないが認知症とも診断できるレベルではない、認知症の前駆状態またはグレイゾーンともいうべき状態を指します。 認知症の高齢者:約...

» 続きを読む

2019年1月29日 (火)

日本語あれこれ「雪が“しんしん”と降る」

見渡す限り白一色で出歩く人も居ない状態で、物音もかすかにさえ聞えてこない静寂の中。雪が降り積もり続けている光景をのことを、「雪が“しんしん”と降っている」と表現します。さも“しんしん”という音がしている錯覚を覚えます...

» 続きを読む

2019年1月28日 (月)

日本語あれこれ「雨足がはやい」

同じ[はやい]にも、「速い」と「早い」があります。 「速い」は、“スピードが速い”とか“要する時間が短い”とか“すみやか”であるというような場合に使います。 「早い」は、“朝が早い”とか“早いうちに行う”などのように...

» 続きを読む

2019年1月27日 (日)

日本語あれこれ「小糠雨(こぬかあめ)」

小糠(こぬか)は玄米をついて白米にするときに出る細かい粉末のことです。地域によっては単に「糠(ぬか)」といいます。「小糠雨」又は「糠雨」とは小糠(こぬか)のように細かい雨で、霧雨(きりさめ)よりは粒が大きいとされてい...

» 続きを読む

2019年1月26日 (土)

日本語あれこれ「血迷う」

良いことを表す表現として使われる言葉では有りません。“あの男は何を血迷ったのか、周りの人に突然暴力を振るい大勢の人に怪我をさせ逮捕された。”などという使われ方がされます。 「血迷う」という表現から血を流す事件を起した...

» 続きを読む

2019年1月25日 (金)

日本語あれこれ(「くれぐれ」もよろしく)

改まった文章で使われる表現です。辞書によってはこの「くれぐれ」に“呉々”を当てているものもありますが、これは完全に当て字で、そのまま読めば「呉れ」つまり“ください”で“ギブミー” “ギブミー”となってしまいそうです。...

» 続きを読む

2019年1月24日 (木)

日本語あれこれ「とんで帰る」

小学校の自由研究で金賞をもらい、お母さんに早く知らせようと“とんで帰った”。この状態での「とんで帰る」の“とぶ”とは何か? “とぶ”には「飛ぶ」「跳ぶ」があるが少しニュアンスが違いそうです。ゆっくり帰るはずはありませ...

» 続きを読む

2019年1月23日 (水)

情報セキュリティ(脆弱性を塞ぐには)

脆弱性を塞ぐには、OSやソフトウェアのアップデートが大切です。ただし一度脆弱性を塞いでも新たな脆弱性が発見される可能性があるため、常にOSやソフトウェアの更新情報を収集して、できる限り迅速にアップデートを行わなければ...

» 続きを読む

2019年1月22日 (火)

情報セキュリティ「脆弱性(ぜいじゃくせい)の種類」

脆弱性には、いくつかの種類があります。脆弱性を放置しておくと、外部から攻撃を受けたり、ウイルス(ワーム)の感染に利用されたりする危険性があるため、インターネットに接続しているコンピュータにおける情報セキュリティ上の大...

» 続きを読む

2019年1月21日 (月)

情報セキュリティ「脆弱性(ぜいじゃくせい)とは?」

脆弱性(ぜいじゃくせい)とは、コンピュータのOSやソフトウェアにおいて、プログラムの不具合や設計上のミスが原因となって発生した情報セキュリティ上の欠陥のことを言います。脆弱性は、セキュリティホールとも呼ばれます。脆弱...

» 続きを読む

2019年1月20日 (日)

情報セキュリティ(ソフトウェアを最新に保つ)

パソコンやスマートフォン・タブレット端末など(コンピュータ)は情報を、内部のソフトウェアが処理することで動いています。ソフトウェアには、オペレーティング・システム(OS)と呼ばれる、コンピュータを動かす基本的なソフト...

» 続きを読む

2019年1月19日 (土)

情報セキュリティ(スマートフォンを使うとき周囲の状況に注意!)

歩きながらなど移動しながら(歩きながら、自転車に乗りながら、バイクの運転をしながら、車の運転をしながらなど)スマートフォン等を操作していると、周囲の状況に対して不注意になり、事故・トラブルにつながります。最悪な事故が...

» 続きを読む

2019年1月18日 (金)

説話(おっくう)

「おっくうな仕事だ」とか「そんなことは、おっくうだ」と使われます。語源は「百千万億劫」の上三文字を省略した「億劫」(おくこう)が元になっているといわれています。 「劫」とは時間を表す単位で、とてつもなく長い時間のこと...

» 続きを読む

2019年1月17日 (木)

説話「自未得度先度他」

 禅のことばで、“じみとくど せんどた”と読みます。宮沢賢治の「雨ニモマケズ風ニモマケズ」にあるように、へりくだった態度、常にやわらかな心で、自分を勘定に入れないで世のため人のために、自分のことよりもまず相...

» 続きを読む

2019年1月16日 (水)

説話「悪事」

“悪事(あくじ)”という言葉があります。この言葉一般的には「わるいこと」という意味合いで使われますが、仏教的な意味合いは、「人の嫌がる仕事、手間・暇のかかる仕事など」のことです。 “好事”がその反対で「やりやすい仕事...

» 続きを読む

2019年1月15日 (火)

説話「平常心で生きる」

人間は弱いものです。天気がいいか悪いか、家人の機嫌が良いか悪いか、仕事がうまくいったかどうか、そんな外からの状況や過ぎてしまった結果に影響されて、気持ちが浮いたり沈んだりしてしまいます。みんな自分自身の心のこだわりや...

» 続きを読む

2019年1月14日 (月)

「修活」(しゅうかつ)

人生100年時代!目標を持って元気で自分らしく生きるために、計画を立て実践する人生の設計&活動が「修活」です。整理して残すのが、「人生デザインノート」です。構成は、Ⅰ.ライフ編 Ⅱ.ケア編 Ⅲ.ライフ編・ケア編共用に...

» 続きを読む

2019年1月13日 (日)

「修活」という考え方

禅語に「日々是好日」“にちにちこれこうじつ”という言葉があります。 中国唐代の雲門文偃禅師(うんもん ぶんえんぜんじ)が悟りの境地について語った言葉です。 単に「毎日が平穏無事に過ぎて行く」ということではありません。...

» 続きを読む

2019年1月12日 (土)

「修活」(しゅうかつ)を始めるタイミング

今や人生100年時代、いつまでも元気で、自分らしく生きるためにはを考えて実践する人生の設計&活動です。「修活」には、「勉強」「仕事」「運動」「就活」「婚活」「終活」・・等など人生の生活を通した幅広い活動を指して言いま...

» 続きを読む

2019年1月11日 (金)

「修活」は人生そのもの

「修活」は終わりに向けて活動することが目的ではありません。自分らしく生きるためにはを考えて実践する人生の設計&活動です。「修活」には、「勉強」「仕事」「運動」「就活」「婚活」「終活」・・等など人生の生活を通した幅広い...

» 続きを読む

2019年1月10日 (木)

「修活」における「人生デザインノート」とは

「修活」は終わりに向けて活動することが目的ではありません。自分らしく生きるためにはを考えて実践する人生の設計&活動です。記録は「人生デザインノート」に残します。大枠は次の通りです。 Ⅰ.【ライフ編】:まだまだ元気な人...

» 続きを読む

2019年1月 9日 (水)

「修活」とは

「終活」に関して次のような質問が多々あります。“終末に向けての活動というのはイメージが暗い。エンディングというのは気乗りがしない。何か前向きに思える方法はないか、等々”。そこでお勧めしているのが「修活」です。「修」は...

» 続きを読む

2019年1月 8日 (火)

「修活(しゅうかつ)」は「修生の活動」

“人生の終わりに向けての事前準備をしながら、これまでの人生を見つめなおし、残りの人生を自分らしく生き、自分らしいエンディングを迎えるための活動”これが一般的に言われている「終活」(終末活動)ですが、「終活」の前にまだ...

» 続きを読む

2019年1月 7日 (月)

「修活」と「終活」

「終活」という言葉は、2009年(平成21年)に週刊朝日が発表した言葉です。当初は「人生の終末を迎えるにあたっての事前準備」と云われていました。現在では、「人生の終わりに向けて考えることや事前準備などを通じて、これま...

» 続きを読む

2019年1月 6日 (日)

先輩からの贈り物「戦略的な話の順序」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『人と話をするとき互いに意見の異なる問題を初めに取りあげてはなりません。なぜならば、「相手に一旦“ノー”...

» 続きを読む

2019年1月 5日 (土)

先輩からの贈り物「おだやかな対応」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『腹が立ったとき相手をおもいきりやっつければ、さぞかし胸がすっきりするだろう。しかし、やっつけられた方は...

» 続きを読む

2019年1月 4日 (金)

先輩からの贈り物「人を動かす秘訣」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『「人を動かす秘は、この世に、ただ一つしかない。この事実に気づいている人は甚だ少ないように思われる。しか...

» 続きを読む

2019年1月 3日 (木)

説話「お雑煮と雑煮箸」

お正月にはお雑煮・御節料理など、独特のものを食べる習慣がありますが、それらを食べる際、雑煮箸といって、柳材の塗りのない丸いものを使います。私たちが普段使う箸は、食べ物を挟む先の方が細く、握る方は太くなっていますが、雑...

» 続きを読む

2019年1月 2日 (水)

説話「心やわらかく」

昔から、おめでたい初夢というと、一富士、二鷹、三なすび、と言われてきました。 この解釈には諸説あるようですがその一つとして、「富士山のように高貴で美しく、鷹のように決断と行動力に優れ、煮ても焼いても食えるナスのように...

» 続きを読む

2019年1月 1日 (火)

日本語あれこれ「一日の計は朝にあり」

“一日の計は朝にあり。一年の計は元旦にあり”と云います。 その日の計画は朝のうちに立てる。その年の計画は元旦にというように計画を立てる場合にはなるべく早めにすべきだということわざです。 ところで、「元日」「元旦」「正...

» 続きを読む

2018年12月31日 (月)

説話「平成」

平成三十年十二月三十一日は平成最後の年末です。 「平成」という元号は、天皇陛下の退位により、二〇一九年四月三〇日を以て変わることになりました。 平成:「地平らかにして天成る。内平らかにして外成る」(『春秋左氏伝』・『...

» 続きを読む

2018年12月30日 (日)

先輩からの贈り物「会話べからず:一人をのけものにするべからず」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『例えば、A,B、Cの三人で話をしているとき、A,Bには分かっている話で、Cにとってはまるで分からない話...

» 続きを読む

2018年12月29日 (土)

先輩からの贈り物「会話べからず:自慢ばかりを言うべからず」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『極端な例ですが、“うちは親父は会社経営者で、兄貴は大学の教授でさ、学生のころはみんな優秀だったんだ。俺...

» 続きを読む

2018年12月28日 (金)

認知症:若年性認知症:復職、再就職にあたり受けられるサービスや制度(若年性認知症を支える「若年性認知症支援コーディネーター」)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。 ・若年性認知症に関する相談から医療・福祉・就労の総合的な支援を実施することにより、現役世代である若年性認知症の方への支援にあ...

» 続きを読む

2018年12月27日 (木)

認知症:若年性認知症:復職、再就職にあたり受けられるサービスや制度(障害者就業・生活支援センター)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。 ・就業やそれに伴う日常生活上の支援を必要とする障害者に対し、就業支援担当者の生活支援担当者が協力して指導や支援を行う。 ・地...

» 続きを読む

2018年12月26日 (水)

認知症:若年性認知症:復職、再就職にあたり受けられるサービスや制度(地域障害者職業センター)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。 ・雇用促進支援、雇用継続支援:障害者や事業主に対して就労のための相談やアフターケアまでの支援を行う。 ・ジョブコーチ:職場に...

» 続きを読む

2018年12月25日 (火)

認知症:若年性認知症:復職、再就職にあたり受けられるサービスや制度(ハローワークの障害者専門窓口)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。 ・状況や希望に応じて各種支援対策を活用、職業相談、職業紹介、職場適応指導を行う。 ・地域の市区町村の社会福祉協議会などに相談...

» 続きを読む

2018年12月24日 (月)

認知症:若年性認知症:復職、再就職にあたり受けられるサービスや制度(医療機関のソーシャルワーカー)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。 ・就労についての助言や会社との調整をしてもらえる場合があります。 ・地域の市区町村の社会福祉協議会などに相談をしてみてくださ...

» 続きを読む

2018年12月23日 (日)

日本語あれこれ「ふたつ返事」

子どものころ、親から用事を言いつけられて“ハイハイ”と“ハイ”を二つ重ねて返事をするとひどく怒られたものです。返事は“ハイ”の一つでしょうということです。確かに“ハイ”を重ねるといいかげんな返事のように聞えます。しか...

» 続きを読む

2018年12月22日 (土)

日本語あれこれ「トリを取る」

毎年大晦日の「紅白歌合戦」。プロの歌手であれば一度でいいから“トリを取ってみたいもの”と思うのは当たり前でしょう。最後に登場することです。 そもそも「トリ」とは寄席言葉です。芸人の世界ではきっちりとした序列が守られて...

» 続きを読む

2018年12月21日 (金)

日本語あれこれ「うしろ暗い」

“あの人にはどうもうしろ暗いところがある”というような使われ方がされます。 このように言われるとただ事ではない。そのように言われる人とのお付き合いは御免被りたいと思うのは誰しも同じでしょう。この表現は、その人の過去~...

» 続きを読む

2018年12月20日 (木)

日本語あれこれ「人の“差し金”」

世の中には表に出てこない大物といわれる人(黒幕ともいう)が居るようです。真意は定かではありませんが、そのような黒幕の「差し金」で動いている人がいるかもしれません。こういった人は指示されたままに動くことになります。実は...

» 続きを読む

2018年12月19日 (水)

日本語あれこれ「二の矢がつげない」

日本語あれこれ「二の矢がつげない」 「つがえる」は“セットする”という意味ですから、「つげない」は“セットできない”という意味になります。 昔、弓矢を使って合戦していたころ、武将はいかに早く弓に矢を「つがえて」放つか...

» 続きを読む

2018年12月18日 (火)

情報セキュリティ(写真の位置情報に注意)

スマートフォン・タブレット端末のようなGPS機能を搭載した端末で撮影した写真には、設定によっては、目に見えない形で、撮影日時、撮影した場所の位置情報(GPS情報)、カメラの機種名など、さまざまな情報が含まれている場合...

» 続きを読む

2018年12月17日 (月)

情報セキュリティ(のぞき見に注意!)

携帯電話、スマートフォン・タブレット端末は、電車や、バスの移動中など人目に触れやすいところで操作する場合、後ろからのぞき見されるなどの危険性もあります。人混みの中ではアカウント情報の入力などの機微な操作を行わない、画...

» 続きを読む

2018年12月16日 (日)

情報セキュリティ(OSの改造はしない)

スマートフォン・タブレット端末はOSやソフトウェアを変更することで、通常ではインストールできないソフトウェアをインストールできる場合もあります。こうしたソフトウェア上の改造を行った端末は、本来のセキュリティレベルを下...

» 続きを読む

2018年12月15日 (土)

情報セキュリティ(無線LANアクセスポイントに注意)

携帯電話やスマートフォン・タブレット端末には無線LANの接続機能が付いています。これらのアクセスポイントは無料のものや有料のものもありますが、なかにはわざと無料のアクセスポイントに見せかけて情報を盗み取るような不正な...

» 続きを読む

2018年12月14日 (金)

情報セキュリティ(アプリケーションの権限、利用条件などを確認する)

アプリケーションの中には、個人情報収集のために、スマートフォン内の電話帳情報などを取得するものがあります。インストールする前には、アプリケーションの説明をよく読んで、そのアプリケーションがスマートフォン内のどのような...

» 続きを読む

2018年12月13日 (木)

説話(観念)

諦める或いは覚悟するという意味で使われる言葉です。 その他に観念は、ものごとに対する考え方、認識を意味する場合もあります。 しかし一般には、本来の意味が逆転して使われていることが多いようです。「観念」とは本来、心静か...

» 続きを読む

2018年12月12日 (水)

説話(過去)

「過去」も「現在」も「未来」も仏教に語源をもっています。 「過去」はサンスクリット語(古代インドの言語)の「ガタ」の漢訳語で、「行ってしまった(ものごと)」の意。「現在」は「ヴァルタマーナ」の漢訳語で、「いまある(も...

» 続きを読む

2018年12月11日 (火)

説話(愛敬)

「愛」という字は、相手の「心」を「受」けると書きます。これは、相手の立場に立つ思いやりのことです。「敬」には、うやまう・つつしむという意味があり、「心の内に愛情をもって敬う」ということから、にこやかで親しみやすい、か...

» 続きを読む

2018年12月10日 (月)

説話(意外)

意外なことが起きた時に「意表をつかれた」という表現をします。 仏教には「業」(ごう)という考えがあり、行為を意味します。行為には、身体の行為と口の行為(話すこと)及び意の行為(心の働き)の三つがあります。これを身口意...

» 続きを読む

2018年12月 9日 (日)

説話(諦める)

一般的には、どうにかしようという気持ちを捨てさせること。つまり消極的なマイナスイメージの言葉です。 そもそもこの言葉は、仏教に起源をもっていて仏教では最高のプラスイメージをもった言葉なのです。「諦」は、「真実」を意味...

» 続きを読む

2018年12月 8日 (土)

先輩からの贈り物「会話べからず:話を奪うべからず」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『例えば、“きのうのテレビでさー、○○の△△の役、よかったね。筋はね・・・・”と続きを言いかけたところ聞...

» 続きを読む

2018年12月 7日 (金)

先輩からの贈り物「会話べからず:物言いつけるべからず」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『例えば、“○○へ行ってきたんだ。ものすごかったね。混んで、混んで、大変だったよ。入場者の記録を作った日...

» 続きを読む

2018年12月 6日 (木)

先輩からの贈り物「聞き上手と話し上手」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『立て板に水が流れるように、よどみなく喋るから話し上手かというとそうではありません。こういった人のことは...

» 続きを読む

2018年12月 5日 (水)

先輩からの贈り物「話題の転換のタイミング」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『自分にとって興味のあることでも相手にとってはまるで興味が無い話題というものがあります。今自分が話してい...

» 続きを読む

2018年12月 4日 (火)

先輩からの贈り物「褒めることと叱ること」

今までに多くの先輩(先人)から姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。一部ですがおすそ分けです。 『ある調査です。「小学校で“ほめられるのが多いのは学校ですか、家ですか、又、叱られるのが多いのはお父さん...

» 続きを読む

2018年12月 3日 (月)

認知症:若年性認知症:復職、再就職にあたり受けられるサービスや制度(若年性認知症を支える「若年性認知症支援コーディネーター」)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。 ・若年性認知症に関する相談から医療・福祉・就労の総合的な支援を実施することにより、現役世代である若年性認知症の方への支援にあ...

» 続きを読む

2018年12月 2日 (日)

認知症:若年性認知症:復職、再就職にあたり受けられるサービスや制度(障害者就業・生活支援センター)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。 ・就業やそれに伴う日常生活上の支援を必要とする障害者に対し、就業支援担当者の生活支援担当者が協力して指導や支援を行う。 ・生...

» 続きを読む

2018年12月 1日 (土)

認知症:若年性認知症:復職、再就職にあたり受けられるサービスや制度(地域障害者職業センター)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。 ・雇用促進支援、雇用継続支援:障害者や事業主に対して就労のための相談やアフターケアまでの支援を行う。 ・ジョブコーチ:職場に...

» 続きを読む

2018年11月30日 (金)

認知症:若年性認知症:復職、再就職にあたり受けられるサービスや制度(ハローワークの障害者専門窓口)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。 ・状況や希望に応じて各種支援対策を活用、職業相談、職業紹介、職場適応指導を行う。 ・ハローワークの障害者専門窓口でご相談くだ...

» 続きを読む

2018年11月29日 (木)

認知症:若年性認知症:復職、再就職にあたり受けられるサービスや制度(医療機関のソーシャルワーカー)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。 ・就労についての助言や会社との調整をしてもらえる場合があります。 ・医療機関のソーシャルワーカーにご相談ください。 『認知症...

» 続きを読む

2018年11月28日 (水)

日本語あれこれ「ちょうちんもち」

「提灯持ち」です。言葉だけを素直にとれば決して悪い意味ではなく、元々は、「提灯を持って他者の先に立ち、足もとを照らして行く人のことを指していう有り難い役目の人」であったのですが、時代と共にこの言葉の意味合いは変化し今...

» 続きを読む

2018年11月27日 (火)

日本語あれこれ「はめをはずす」

この表現、例えばお酒を飲んでいて、ついつい興に乗って「はめ」を外し、人に絡む、喧嘩をして暴れだし手が付けられなくなる。正に暴れ馬と同じです。 馬の口には、暴れないように轡(くつわ)というものが付けてあります。轡(くつ...

» 続きを読む

2018年11月26日 (月)

日本語あれこれ「痛くもない腹を探られる」

子どもが“おなかが痛い”と訴えれば親は“ここ?こっち?”と尋ねながら子どもの腹を探ります。この辺かな、こっちかなと腹をさすったりもします。医師の触診と同じ所作で、素人ながらにもどこが痛いのかを探そうとします。 そのよ...

» 続きを読む

2018年11月25日 (日)

日本語あれこれ「手薬煉(てぐすね)を引く」

今日の試合には必ず勝つと信じて、相手が到着するのを「手薬煉を引いて」チーム全員が待っている。などというような使い方がされます。 薬煉(くすね)とは松ヤニを油で煮て練り混ぜたもので、弓に塗って弦を強くしたり、手にも塗っ...

» 続きを読む

2018年11月24日 (土)

日本語あれこれ「目を皿のようにして」

貴重なものをなくしたときには目を「皿」のようにして探します。目を大きく見開いてなくし物を見逃さないようにします。この場合の「皿」とは、言うまでもなく食器のお皿で、まん丸の形をした物のたとえに使われます。時に、この「皿...

» 続きを読む

2018年11月23日 (金)

情報セキュリティ(アプリケーションの提供サイトに注意を!)

通常、アプリケーションは契約している携帯電話会社やOS・機器メーカー等の公式サイトからダウンロードして利用しますが、それ以外のサイトから自由にアプリケーションをダウンロード可能なものもあります。最近のアプリケーション...

» 続きを読む

2018年11月22日 (木)

情報セキュリティ(ウイルス対策ソフトの利用を!)

スマートフォンを狙ったウイルスが発見されています。 ウイルスは通常、アプリケーションの中に紛れ込ませる形で配布されており、勝手にSMS(ショートメッセージサービス)の送信を行うものや、ワンクリック詐欺の機能を持つもの...

» 続きを読む

2018年11月21日 (水)

情報セキュリティ(OSやアプリケーションは最新に!)

スマートフォン・タブレット端末のOSやアプリケーションにはパソコンと同様に脆弱性(ぜいじゃくせい)が報告されることがあります。 OSやアプリケーションの更新の通知が来たら、忘れずインストールするようにします。 出典:...

» 続きを読む

2018年11月20日 (火)

情報セキュリティ(携帯電話・スマートフォンの盗難や廃棄に注意!)

携帯電話・スマートフォンは持ち歩いての利用も多く、紛失したり盗難にあったりする可能性が高くなります。そのような対策として、本人しか使用できないようにパスワードロックをかける機能や、遠隔ロックする機能を利用することが有...

» 続きを読む

2018年11月19日 (月)

情報セキュリティ(携帯電話・スマートフォン・タブレット端末の注意点)

スマートフォンは、従来の携帯電話に比べてパソコンに近い性質を持った情報端末です。大切な仕事上のデータや、位置情報などのプライバシー情報がスマートフォンに保存されるようになったことで、情報漏洩(ろうえい)が発生した場合...

» 続きを読む

2018年11月18日 (日)

説話「一つの事に打ち込む」

お釈迦さま(仏教の開祖)に、周利槃特(しゅりはんどく)という弟子がいました。とても物覚えが悪く、自分の名前まで忘れてしまうので、名札の「名荷」を首にかけていましたが、それさえも忘れてしまう程です。(名荷が茗荷に似てい...

» 続きを読む

2018年11月17日 (土)

説話「お供え」

仏さまをお祀りする時、「香華灯塗(こうげとうず)」と言って、香をたき、花を供え、灯明をつけてお祀りするのが一般的です。これは昔、インドでお客様をご接待する時の作法からきています。インドでは貴人をご接待する時に、お客さ...

» 続きを読む

2018年11月16日 (金)

説話「お墓参りはいつ・・」

「お墓参りはどんな時にしなければいけないのだろうか?」 結論から先に言えば、お墓参りに決められた日はありません。何時お参りしてもよいのです。ただ、一般的に見れば、春秋のお彼岸の時とか、お盆の時といったように、お寺で彼...

» 続きを読む

2018年11月15日 (木)

説話「檀家とは?」

「檀」とはもともとインドの古い言葉〈サンスクリット語〉の「ダーナ」に漢字を当てた「檀那」が由来です。では「ダーナ」とは何でしょうか。日本語に訳すと「布施」ということです。つまり「檀家」とは、「布施をする家庭」を意味し...

» 続きを読む

2018年11月13日 (火)

説話「観音さま」

観音さまといえば、聖観音・千手観音・十一面観音・如意輪観音・馬頭観音・不空羂索(ふくうけんじゃく)観音・准胝(じゅんてい)観音の七観音が一般的に有名ですが、それ以外にもマリア観音・慈母(じぼ)観音・悲母(ひぼ)観音・...

» 続きを読む

2018年11月12日 (月)

心に残ることば「聞き手」

『話し上手になりたければ聞き上手になることです。「相手に興味を持たせるためにはまず、こちらが興味を持たなくてはなりません。相手が喜んで答えるような質問をすることです。そうすることにより相手は関心を持って応対してくれま...

» 続きを読む

2018年11月11日 (日)

心に残ることば「確実に嫌われるには」

『“人に陰で笑われたり、軽蔑されたりしたかったら、次の条項を守るに限る。” 一.相手の話を決して長くは聞かないこと。 一.終始、自分のことだけをしゃべること。 一.相手の話の途中で遠慮なく口をはさむこと。 一.相手の...

» 続きを読む

«心に残ることば「相手の望むこと」

ウェブページ

最近のコメント

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ