引導(いんどう)

仏教用語で言う「引導」の本来の意味合いは、
「生きている人相手に、法を説いて教え、導く」ことを言ったものですが、それが、いつの間にか葬儀で僧侶が亡者に対して成仏するように贈る作法(儀式、法語)にもなったのです。
また儀式の中で、どの部分を引導と呼称するのかは、宗派により違いがあること及び、引導作法を行わない宗派もありますので捉え方は様々です。
また法語は本来の意味合いの通り、葬儀の参列者である親族(遺族)や知人(「生きている人」)にこそ聞いていただきたい内容が多いことから、そのつもりで聴くことが望ましいでしょう。
IT坊主の法話集 より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ