地震対応「運転中の心得」

運転中に地震に遭遇した運転者の証言に“最初はめまいかと思っているうちに、ぐらぐら揺れだした。ブレーキもハンドルも利かなくなった”などがある。
「この証言から分かるように、地震発生時、車はハンドル操作が利かず暴走する危険がある。マニュアルには『揺れを感じた時は、道路の左側に寄せて停車する』などと書かれている。それしか方法がない場合はしかたがないが、主要幹線を走行中であれば、できるだけ横道に逸れるのが鉄則だ。そして広場か駐車場を見つけて停車する。近くに管理者がいた場合は、その人の了承をとる。主要幹線に放置される車が増えれば、その分、道路の幅員が狭くなり緊急車両の走行に支障が出てくる。参考:SAPIO 2012年3月14日号」
学習、経験の積み重ねでとっさの時の対応にも、今まで常識と言われてきたことが今やそうではないことになっています。

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ