四苦八苦

“しくはっく”とは仏教用語で、
「生、老、病、死」の四苦と、
愛別離苦(あいべつりく:親愛な者と別れるつらさ)、怨憎会苦(おんぞうえく:怨み憎む者にも会わなければならない苦)、求不得苦(ぐふとくく:求めているものが得られないことから生じる苦)、五蘊盛苦(ごうんじょうく:人間の存在自体が苦)の四苦を合わせた総称です。
本来は、“人間のあらゆる、非常に重い苦しみ”のことを言うのです。
一般的に何気なく“四苦八苦してます”などというように使われますが、本来は物凄い表現なのです。
意味合いをよくご存知の人が聞いたら、どのように受け取るでしょう。
IT坊主の法話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ