これだけはやろう情報セキュリティ(ピギーバック)

ピギーバック(piggyback)とは、相乗り、共連れなどとい意味です。
情報セキュリティの攻撃手法の一つとしての意味もあります。
例えば、事業所などの入室・退室時で、認証チェックが必要な際に、正規の利用者のすぐ後について、認証チェックをすることなく不正に入室・退室をしようとする行為をピギーバックといいます。
不正行為であり時には犯罪行為にあたります。
相乗りなどと解釈するより「悪(わる)乗り」と捉えるべき行為です。
一般生活の中でも発生します。例えばマンション(住居、ビルなど広く含む)などの玄関キー(暗証など含む)を持たない赤の他人が、先に入った人(キーを持っていて正規に入った人)に続いて何食わぬ顔をで、そっと入る行為などは正にピギーバックです。
こういった行為の結果、悲惨な犯罪が起こっています。
危険な目にあわない、お互いの防犯のためにも、ピギーバックされないよう注意を!!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/55068700

この記事へのトラックバック一覧です: これだけはやろう情報セキュリティ(ピギーバック):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ