クラウド活用のノーティス(バックアップ)

クラウドコンピュータの最大の売りは、「低価格」です。クラウドサービスのサーバはどこにあるかわからない、国内、海外かさえわからない、国内にあるから安全だという保障もない。
預けていたデータが、「雲」が消えるかのごとく消失し、データの復旧も不可能という事故(事件?)も発生している。
手元にバックアップデータを保存していたユーザは、速い時間(日数)で再構築・復旧できている。
いくらうたい文句で、「バックアップは安全、お任せください」となっていてもその実態は不明と思ったほうがいい、何故ならば情報を公開しないクラウドサービス提供事業者が多いからだ、従って、手元(自社)でのバックアップ管理は行うべきである。
特に基幹データのバックアップは重要で、基幹データから編集できる提供型の情報とはレベル分けして管理することをお勧めします。
クラウドを利用するからには、データは自己管理、これが基本!!脆弱面(ウイークポイント)を理解したうえで自社にあった運用方法を採用すべき!!
マキコーポレーション システムノーティスより

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/55100790

この記事へのトラックバック一覧です: クラウド活用のノーティス(バックアップ):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ