クラウド活用のノーティス(事業継続性)

クラウドサービスの最大の売りは、「低価格」であり、クラウドサービスのサーバは、どこにあるか分からない、国内、海外かさえ分からない、国内にあるから安全だという保障もない。
こういった実情の中、東日本大震災を機に注目された「事業継続性」という観点から見ると、自前でサーバを持ち、運営管理していた企業は大方、システムすべて(ハード、プログラム、データなど)を失ったが、クラウドサービスを利用していた企業は難を逃れている。
かといってなにもかも安全と言うことではなく、クラウドはクラウドなりの問題点(心配事など)もある。
リスクの分散を行うための方策の一つとして、これらの組み合わせが考えられる。
つまり、何を使うかではなく、データの特性に応じて“どう使うか”を、管理(運用、利用)環境を含めて考慮する必要がある。
くれぐれも、“安かろう、悪かろう”にならないように!!
マキコーポレーション システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ