五節句(七夕(しちせき/たなばた))

7月7は「七夕(しちせき/たなばた)」で、「五節句」の一つです。
江戸時代に定められた式日(しきじつ)制度で、明治6年に廃止されましたが、民間行事として定着しているものです。
五節句は季節の草や木に関連していて、季節に応じた植物を食することで邪気を払うのが目的でした。
「たなばた」という言い方で親しまれていて、奈良時代の宮中行事として行なわれるようになったと言われていて、古来からの星の祭りと合わさって七夕の日として定着し、後々、和歌や願い事を書いた五色の短冊・色紙・切り紙細工を笹竹にとりつけて、掲げる祭りとなって居ます。
又、裁縫や手芸、書道の上達を願う行事でもあります。
IT坊主の法話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ