先生がんばれ!!

いじめで、悲惨な事件が起きています。私が子供のころにもやはり「いじめ」はありましたが、そのころは、何よりも先生が一番怖かった記憶が鮮明に残っています。
俗に言う「モンスターペアレント」なる表現が出現してきたあたり(時代)からおかしな構造になってきています。国の教育のあり方や制度にも問題がありそうです。
整体の治療院を開業していますが、学期末(特に年度末)になると学校の先生の来院が多くなります。身体のみならず精神的な疲労が圧倒的でその症状に応じた施療をすることにしています。
当然、カウンセリングも行いますのであれこれ話をしますが、先生方の話からすると、・教師が弱くなっている。・組織の保身に現場の教師が引きずられて居る。・今の形の教育委員会はいらない(贅肉)と思っている。・・・・・。
なぜこのようなことになっているのか?教師単独の力では限界もあるでしょう。
かといって国の動きは遅いでしょうから、地方自治体が中心になって強力に見直したらいかがか。一線を退いた元気な人が沢山居ます。上手く活用できないものか。
当然、現場を一番分かっているのは先生です。智慧を出しましょう。正しいことを実行することには、必ず賛同者が多く集まります。地域の協力も重要です。「勇気を持って、がんばれ先生!!」
IT坊主のひとりごと 合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ