供養(日常のおつとめ:お供物のあげ方)

毎日のそなえるものとしては、ご飯とお茶です(忙しいときはお水一杯でも)。
命日(月命日、祥月命日)、年忌法要、には果物や菓子、故人が生前に好きだったものがいいでしょう。
ただし、いくら好物だといっても、生魚や肉類の生臭さを感じさせるものは避けるべきです。
また、にんにく、にら、しょうが、ねぎなどにおいの強いものは避けます。
これらは精進料理でも使われることの無い材料です。
おそなえしたものは、家族で召し上がってください。
傷まないうちに早めに、賞味期限にもご注意を。
IT坊主の法話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ