供養(日常のおつとめ:合掌のしかた)

合掌は仏前における基本的な動作です。
右手は悟りの世界である仏さまを、左手は迷いの世界、つまり私たち人間をあらわしているといわれ、合掌することにより仏さま一体になれることをあらわします。
合掌の仕方は、両方の手のひらをぴったりとつけて、両方の指が自然に合うようにします。
背筋を伸ばして、親指の付け根がみぞおちあたりにくるように、顎(あご)を引くことにより気持ちも引き締まります。 合掌
IT坊主の法話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ