供養(卒塔婆とは?)

卒塔婆(そとうば、そとば)は、表と裏に経文、戒名、没年年月日などを記して供養するもので、語源は古代インドのサンスクリット語の「ストゥーバ」からきています。
ストゥーバは仏塔という意味があり、お釈迦様の遺骨を納めた塔を意味しています。
寺院で見かける五重塔も元をたどるとストゥーバに由来しています。
卒塔婆は五重塔の形にならって作られていて、仏教が示す五つの世界観である「空、風、火、水、地」を上から順に現しています。
IT坊主の法話集より 合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ