供養(風習:出棺の際に鳴らすクラクション)

出棺の際にクラクションを鳴らすことがあります。
このクラクションを鳴らす風習の意味合いには諸説あるようですが、この由来は、古い風習で葬儀の際の葬列である野辺送りで行われていた茶碗割りのようです。
この茶碗割りの儀式は、故人が現世と縁を断ち切り、成仏できるようにと行われたもので、茶碗を割るときの音が風習として残り、クラクションを鳴らすようになったようです。
それと、火葬場までいけない人へのお別れの挨拶という意味も含まれているのです。
IT坊主の法話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ