整体(気血について)

「気血」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、これは一つのことではなく、「気」と「血」各々持つ意味があり、東洋医学的な見方を加えると、各々、
「気」:人間の生命活動の際のエネルギー源とされています。エネルギーという表現から、物質的なイメージを持ちやすいですが、気は精神と物質の中間に位置する特殊な存在とされています。
「血」:気から変化したもので、身体に栄養を与えてくれるものと考えられています。
気と血は不可分な関係にあり。気が機能、血が物質に相当し、両者がバランスよく働くことが望ましいものです。
気が衰えてくると血の働きも悪くなり、病気のもとにもなります。また気は、血から栄養分を与えられて力を発揮することから、血も気の働きに影響することになります。
このように、「気」と「血」は互いに影響しあっているものです。
日本にも古来より、「病は気から」ということわざがあるように、“心と身体のバランス”は大切です!!
美容と健康サロンマキ 健康ワンポイント

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ