供養(通夜:仮通夜と本通夜)

通夜には亡くなられた当日の夜に遺族のみで行う「仮通夜」と一般の弔問を受ける「本通夜」がありますが、最近では、どちらも短時間で済ませるか、どちらか一方のみの場合が多くなっています。
特に昨今では一般の弔問は受けない家族のみで行う形も多くなっています。
ねばならないとい形はありません。
周りに振り回されないことが大切です。
IT坊主の法話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ