供養(香典返し)

香典返しは半返しが基本とされています。タイミングは三十五日か四十九日の忌明けの法要に合わせるのが一般的でしたが、最近多いのが香典の「即日返し」です。
当日参列者に直接手渡しするので、手間の省略ができるとともに配送料が必要なくなるということで定着しつつあります。
もちろん香典の中身(金額)を確認して品物を選ぶのではありませんので、一律の額のものということになります。
従って、香典が特に高額だった人には忌明け後に改めて別の御礼をするのがいいでしょう。
時代の流れとともにこういった風習のあり方も変化しています。
IT坊主の法話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ