「秋茄子は嫁に食わすな」

「秋茄子(あきなすは)嫁に食わすな」ということわざがあります。
一般的には、美味しい秋茄子は、嫁に食べさせるのはもったいないという意味で使われますが、このことわざには深い意味合いがいろいろあります。
“秋茄子は種が少ないのに例えて、子種が出来なくなるので食べさせるな”とか
“秋茄子は身体を冷やすので、大事な嫁には食べさせるな”などがあります。
非常に思いやりのあるほほえましい解釈です。
今の時代、季節に関係なくいろんなものがいつでも食べられますが、やはり、「天の気、地の気を取り込んだ季節(旬の期間)に採れるもの」が一番美味しいですね。
なす(地域によっては、なすび)は採れ初めから8月~9月くらいまでが美味しい時期です。
IT坊主のひとりごと

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/55722738

この記事へのトラックバック一覧です: 「秋茄子は嫁に食わすな」:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ