仏像の種類(菩薩)

仏像は仏教の教えやその世界を表現したもので、人を苦しみから救い、導くために創り出したといわれています。その種類としては大きく、如来、菩薩、明王、天、諸尊等に分類できます。
菩薩(ぼさつ):如来になるために、真の悟りを求めて修行しつつ、人々を苦しみから救い、福徳を与えてくれるとされています。
悟りを開く前の釈迦の姿、釈迦国の王子として生まれたシッダールタ太子の姿を表現しているので豪華な装飾品、手には持ち物、身には薄い天衣(てんい:肩から胸に垂らしている長い布)や裳(も:着物)をまとい、優しく穏和な姿をしています。
IT坊主の法話集 より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ