仏像の種類(諸尊)

仏像は仏教の教えやその世界を表現したもので、人を苦しみから救い、導くために創り出したといわれています。その種類としては大きく、如来、菩薩、明王、天、諸尊等に分類できます。
諸尊(しょそん):
釈迦の十大弟子や羅漢(らかん)、仏を補佐する金剛力士などの眷族(けんぞく:一族)、また、日本人では、聖徳太子、弘法大師、最澄、親鸞、日蓮など実在した高僧の像や阿修羅などの鬼神に至るまで非常に巾が広く、如来、菩薩、明王、天に属さない多くの人々の信仰を対象として作られた像と言われています。
IT坊主の法話集 より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ