これだけはやろう情報セキュリティ(ウイルス対策ソフトを導入する)

ウイルスに感染しないために、ウイルス対策ソフト(ワクチンソフト)を使いましょう。
ウイルスは次々と新種、亜種(似てはいるが微妙に異なるもの)が登場します。
従って対策ソフトを導入したから終わりとせず、常に新しいウイルスに対応できる状態に保つこと(ウイルス定義ファイルの更新、ウイルスの侵入の監視など)が必要です。
ウイルスとは別に、スパイウエアというものがあります。
スパイウエアは利用者や管理者の意図に反して勝手にコンピュータに入り込み、利用者の個人情報やアクセス履歴などの情報を収集するプログラムです。
スパイウエアの検出にはウイルス対策ソフトとスパイウエア対策ソフトが必要になります。
また、ウイルス対策ソフトを導入しても、メールやインターネットから入ってくる情報を常に監視するように設定していなければ意味がありません。
通常、ウイルス対策ソフトを導入すると、常にウイルスを監視してくれる設定になっていますが、念のため、きちんと設定されているか再度確認しましょう。
参考:IPA情報セキュリティ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ