葬儀(末期の水:作法)

亡者に対する最期のはなむけとして、臨終間際あるいは臨終直後に口に捧げる水を末期の水あるいは死水といいます。
湯飲み茶碗に水をたたえ、樒(しきみ)の葉を一枚浮かべて、その葉で唇を潤したり、新しい筆かあるいは箸の先を脱脂綿でまいて、白い糸で縛り水を含ませて軽く唇を潤したりするのが一般的です。
行う順序は血のつながりの濃い順です。
この所作は、地域の文化・風習や宗派などにより異なりますが、一般的には、この「末期の水」から、「開蓮忌」までの一連の所作(作法)が葬儀に関する儀式になります。
IT坊主の法話集 より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ