葬儀(枕経)

お亡くなりになられて最初の仏教儀式で、読経するのが枕経です。

枕元で「お経」をあげるので「枕経」といい、準備としては枕飾りができていれば充分で、喪服は着用しなくて大丈夫です。

このときに僧侶と以降についての段取りなど(日程、場所、戒名など)について相談するといいでしょう。

最近では、この枕経を省略される場合が多くなっていますが、その場合にはお通夜のときに枕経で読経する「お経」も含めて拝まれるのが一般的です。

この所作は、地域の文化・風習や宗派などにより異なります。

IT坊主の法話集 より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ