葬儀(納棺)

遺族、近親者が中心に行う所作です。
「枕経」の後、最後の名残りを惜しむ時間を持ち、その後「納棺」します。
このとき生前に愛用していた品々をおさめますが、燃えないものは入れられないことになっています。
蓋の釘打ちは出棺のときに行いますので、蓋は置くだけにし、上に覆いをかけ祭壇に安置します(蓋の釘打ちは行わないこともあります)。
この所作は、地域の文化・風習や宗派などにより異なります。
IT坊主の法話集 より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ