« 説話(卒塔婆) | トップページ | 整体(気:「元気」) »

2013年12月 2日 (月)

整体(気の働き)

東洋思想の中で、「気」という言葉はいたるところで使われます。

これは中国の古代思想の根本的な概念で、万物全て(宇宙、自然、生命活動など)を成り立たせている根源と考えられています。「気」の解釈や定義などについては各種あるようですが、解釈の一つとして次があります。「気」の働きは、

・身体を働かせる ・身体を暖める ・病気を防ぐ ・体液のコントロール ・体内の物質を変化させる

で、同時に生体が本来持っている自然治癒力や生命力を呼び覚まし活性化する生命情報としての役割もあるとされています。

いずれにしても眼には見えない「気」ですが「命」の根源と考えられています。

「気」の付く言葉は沢山あります。やる気、根気、本気、気力、気持、気分・・・などなど。

どれも眼には見えません。

持ち方次第で健康であるならポジティブな持ち方がいいでしょう。

「気分」次第で「景気」も良くなるかも?

美容と健康サロンマキ 健康ワンポイント

« 説話(卒塔婆) | トップページ | 整体(気:「元気」) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 整体(気の働き):

« 説話(卒塔婆) | トップページ | 整体(気:「元気」) »

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ