七福神

皆さんよくご存知の「七福神」、縁起のよい神様とされています。「七福神」の戸籍調べ。
・大黒天:打ち出の小槌を持って、米俵の上に座っている神様。原型はインドのシヴァ神という破壊の神、それが日本に来て音の類似から大国主神(おおくにぬしのみこと)と合体して現在の姿になったという。
・恵比寿(戎:えびす):商売繁盛の福神で、七福神の中では唯一純日本産の神。
・毘沙門天(びしゃもんてん):仏法を守護し、財宝を授けてくれるインド産の神。多聞天ともいう。
・弁財天(弁天):音楽、知恵を司るインドの女神。
・布袋(ほてい):中国の禅僧である契此(かいし)がモデルとされている。
・福禄寿(ふくろくじゅ):福と禄と長寿を授けてくれる中国の福神。
・寿老人:中国の福神ですが、福禄寿と同一の神ともいわれています。
これが一般に言われている「七福神」ですが、我が久喜市では、上記に「吉祥天(きっしょうてん):毘沙門天の妃や観音の化身とも言われ、すべての人に吉祥(福徳)を与えてくれる仏:仏教の守護神」を入れて八福神とされる「くりはし八福神」お寺めぐりコースがあります。
eお坊さんねっと IT坊主の法話集 より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/56441975

この記事へのトラックバック一覧です: 七福神:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ