これだけはやろう情報セキュリティ(無線LANセキュリティに対する脅威)

無線LANは、電波を使って無線LANアクセスポイント(以下、親機とする)と無線LAN機能を持つパソコンなど(以下、子機)との間で通信を行うネットワーク環境のことで一般に普及しています。親機と子機の双方に設定をすることで通信が可能になります。電波の届く範囲なら壁などの障害物を超えてどこでも通信が可能という便利さを備えています。しかし、その便利さとは裏腹に、悪意ある者から不正アクセスの対象として狙われ易い環境とも言えます。しかも、電波という目に見えない通信経路を使うということは、侵入されていることさえも気付きにくいため、大きな脅威となります。想定される被害として次のようなことが挙げられます。
・無線LAN環境に侵入され、重要な情報を盗まれる。
・無線LAN環境を無断で利用される。
・通信データを盗聴される。
このような被害を受けないためにも、対策には十分注意する必要があります。特に、セキュリティ設定の中でも、適切な暗号化方式を選択することが最も重要になります。
参考資料等:IPA情報セキュリティ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/56514766

この記事へのトラックバック一覧です: これだけはやろう情報セキュリティ(無線LANセキュリティに対する脅威):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ