釈尊の呼び方

日本では、仏教の開祖である釈尊のことを、釈迦牟尼、世尊、仏陀などと呼び慣わしてきました。
釈尊というのは「シャカ族の聖者」という言葉を日本流に訳したもので、いろいろな呼び方の中で、最も適訳とされて用いられている言葉です。
西洋では、ブッダ、またはシャーキャ・ムニと呼ばれていて、これも「シャカ族の聖者」という意味です。
また南方仏教では、幼名をゴーダマ・ブッダと呼ばれています。
ブッダ(仏陀)とは悟った人(覚者)を意味します。
このように、釈尊は仏教が世界中に広まったことに伴い、いろいろな呼び方で呼ばれています。
しかし私には、“お釈迦さま”がなじみやすい表現です。
eお坊さんねっと IT坊主の法話集 より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ