クラウド活用のノーティス(データの線引き)

クラウド側にだけデータを置く人もいますが、事故が起きてからでは「アウト」、クラウドで「管理すべきもの/すべきじゃないもの」の線引きを行い自己管理すべきです。
大切なデータは自分でバックアップを取っておくに越したことはありません。
クラウドサービスを利用するには、「個人情報はなるべく置かない」のが原則で、アカウントのIDやパスワード、電話帳データ、企業(個人)の機密性の高い情報も禁止です。
どこで何にデータが流用されるかわからない怖さがあります。
その他クラウドに預けるデータはバックアップを取り重要ファイルにはパスワードを掛ける、世の中クラウド化に向けて進んでいるのも間違いありません。上手に付き合うことが必要です。
マキコーポレーション システムノーティスより

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/56590242

この記事へのトラックバック一覧です: クラウド活用のノーティス(データの線引き):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ