S&P001情報セキュリティ&個人情報保護ハンドブック(基本事項)

情報セキュリティと個人情報保護には密接な関連がある。ヒヤリハットから事故、事件ともなると企業(組織)の社会的信用失墜はいうまでもなく個人においても大きなダメージになります。
最近でも事故、事件の報道は相変わらずです。
これらの報道を分類してみると、金銭目的、不平、不満に類する事件性のものと知識、意識不足(いつの間にかなくなっていた、それほど大切な内容とは思っていなかった、・・・)に類するものに大別できそうです。
前者は明らかに犯罪行為ですが、後者については、まずいことには違いませんが、企業としての事前教育などで未然に予防できるものが多くあるのではと思うものが多々あります。
各企業においては行動基準の設定や各種教育が行われているようですが、実際に拝見したものでは、法律などをそのまま引用しただけで一般的には理解しづらい内容のものが多くありました。難しくならないよう、ポイントを整理して(JIS Q 15001に則って)シリーズにて開示しますので参考にしてください。
マキコーポレーション 個人情報保護ハンドブックより

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/56597109

この記事へのトラックバック一覧です: S&P001情報セキュリティ&個人情報保護ハンドブック(基本事項):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ