葬儀(通夜での礼儀)

最近では多くの人が通夜と葬式の両方に出席したり、葬式には都合があって出席できないからせめて通夜だけは、といって出席するようですが、もともと通夜というのは、家族と近親者だけでつとめたものでした。
家族の一員を失った遺族にとっては、まことにつらい場が通夜なのですから、遺族とよほど親しい関係のあるものを除いて、できるだけ長居をしないよう心がけるのが、通夜に出席した現代人の思いやりでしょう。
しかし中には、声も掛かってもいないのに通夜ぶるまいに参加し、だらだら長居をする御仁もいて、何を勘違いしているのやら。
eお坊さんねっと IT坊主の法話集 より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ