これだけはやろう情報セキュリティ対策(盗難・紛失には暗号化で予防)

個人情報や仕事関連などの重要な情報が入ったファイルは、取り扱い注意です。
通信中に盗聴されたり、記録メディアの紛失、盗難などによって情報が流出する恐れがあります。
特にUSBメモリは持ち運びの便利さゆえ、落として情報が流出してしまう事故が相次いでいます。
こうした情報流出からファイルを守る手段に、「暗号化」があります。
データを一定の法則で意味不明なものに置き換えることで、万一他人の手に渡っても情報の流出を防ぐことができます。
ファイルの暗号化は専用ソフトで行えます。
一番手軽なのは、ファイルにパスワードを付けるタイプで、暗号化して送り、受け取った相手がパスワードを入力すればファイルが元に戻る仕組みです。
このタイプのソフトを使う際は、ファイルに設定したパスワードを他人に知られないよう厳重に管理します。
ネット経由でファイルを受け渡しする場合も同様ですが、パスワードは電話など別の手段で知らせます。
メールにパスワードを書いて送ってしまうのは、鍵をかけたファイルを鍵付きで渡すことと同じで、暗号化の意味がありません。
暗号化をしても危険がゼロになるわけではありません。
攻撃者が暗号を解読することもあるからです。
企業などでファイルの持ち出しが認められている場合でも、記録メディアの紛失・盗難には要注意!!
マキコーポレーション システムノーティスより
参考:TREND MICRO internet Security Knowledge

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/56862797

この記事へのトラックバック一覧です: これだけはやろう情報セキュリティ対策(盗難・紛失には暗号化で予防):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ