整体(腰痛の原因:腹筋の働き)

腹筋は身体を支え、動かすのに不可欠の筋肉で、脊柱を動かすには背筋7、腹筋3の割合で働いていると言われます。
背筋が後ろから脊柱を引っ張っているのに対して腹筋は前から支えています。
物を持ち上げる時、背筋と腹筋の連携が大切です。
腹筋を意識して腰を落として構えてから持ち上げないと(取らないと)ギックリ腰を起こしてしまうことがあります。
意識して鍛えないと背筋の発達に比べて腹筋は脆弱です。
腰痛防止のためには、腹筋もしっかりしていなくてはならないと同時に、動作にも気配りが必要です。
美容と健康サロンマキ 健康ワンポイント

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ