説話(位牌とは)

インドにも中国にも先祖の位牌を祀る発想はありませんでした。
先祖の霊がやどるとされている位牌(宗派により異なります)は日本古来の霊魂観(れいこんかん)により生まれた日本独特のものです。
中国の儒教では神位(しんい)を表すのに木の牌(はい:ふだ)を使っていました。
これが仏教に取り入れられ、それが日本に伝わって位牌となり、先祖の霊を表すものへと変化したのです。
日本では、位牌は霊のやどる依代(よりしろ)と考えられており四十九日までは白木とし、忌明けとともに塗り物に変えて魂入れをするとされています。
先祖を敬い、居ますがごとくに、ご飯やお茶を供えて供養する作法は西洋にはない日本独特のものです。
但し、宗派により考え方が異なる所も多く、例えば浄土真宗では、位牌を用いず過去帳を用いるのが基本ですが、「作ってはいけない。禁止です」と言うことでもなく、「用いる必要が無いから作る必要が無い」ということのようです。
寺ごとの考え方も一律ではないようで、仏壇に過去帳と共に「位牌」を用いたり、「繰り出し位牌」を過去帳代わりに用いているところもあります。
このように、慣習として地域文化の影響によることが多くあります。
eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ