説話(読経のあとの回向文)

読経の終りに、
「願わくばこの功徳を以(も)って普(あまね)く一切に及ぼし、我らと衆生(しゅじょう)とみな共に仏道を成ぜんことを」
などという願いのことばがあります。これを回向文といいます。
これは、「亡き人の冥福を祈り、供養します。この功徳によって、すべての命が心豊かな日々を過ごせますようにと願います」という意味合いが込められています。
“普(あまね)く一切に及ぼし”という言い回しになっていますので、通り一遍ではなく、くまなく隅々まで行き届くことを願ったものです。
eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ