仏教ことわざ:対機説法(たいきせっぽう)

「相手の素質や能力に応じて、理解のいくように法を説く」から来ていることわざです。
相手によって柔軟に対応することをいいます。
これは、お釈迦さまの説法の特徴を表した言葉で、「随機説法(ずいきせっぽう)」ともいいます。
お釈迦さまは、誰にでも同じ説法をしたわけでなく、相手に応じて、その時、その場で説き方を変えたといわれています。
こうした「臨機応変な方法」に習って、「人を見て法を説け」という表現が生まれたといわれています。
言葉のみならず、態度やふるまい及び相手に合わせた目線での対応も必要ですね。
eお坊さんねっと 仏教ことわざ小事典より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ