仏教ことわざ:意地悪(いじわる)

意地悪の「意地」の由来は、仏教で、「心の持ちよう」とか「気性」を意味します。
それに「悪い」がついて、「気性が悪い」と言う意味の「意地悪」という言葉が生まれたのです。
使われ方としては、「他人に対して悪意のこもった感じである」とか「わざと人を困らせる態度や様子(ようす)」を表現したり、「 物事の都合が悪くなる感じ」を表現するときなどに使われます(ex.「意地悪いいことに雨まで降ってきた」。
逆に、「意地がいい」という言葉も存在しますが、余りおなじみではないようです。
eお坊さんねっと 仏教ことわざ小事典より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ