ビジネス(会議の成果は準備で決まる)

何がテーマで何を決めたいのかが曖昧のまま進行し、結果としてたいした成果が出ないまま終わるという会議が多々ある。
原因の一つとして準備不足であることが多い。
準備が出来ていない会議ほどつまらないものはない。
進行は行き当たりばったり、運営ダラダラ、資料が無い、あっても当日席上配布で勝手に読んで理解しろ、こんな状態ではいい成果が期待できるはずは無い。
「30分の事前準備の手抜きが3時間のムダを作る」、こんなことにならないための会議運営三つの心得。
・目的は常に文書化しているか(文字に出来ないテーマは議論に値せず!!)
・資料の事前配布を行っているか(今の時代メールなど連絡手段はいくらでもある)
・前もって主催責任者に、責任ある人を割り当てているか(主催責任者不在の会議になっていることは無いか)
集めればいい、参加すればいい、なんていう考えから脱皮しましょう。
参加者各々が、組織(部門、チーム、グループなどなど)の利益代表という自覚を持って臨むことです。
立場をわきまえず、無責任な発言をし、墓穴を掘ることのならないように!!
著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/57608488

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス(会議の成果は準備で決まる):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ