プライベートマナー(贈答に関する日本文化:結婚祝いの品)

結婚祝いの品を贈る場合、包丁類やナイフ、はさみなどは、「切れる」「壊れる」を連想させるということから適さないといわれています。
また、ガラス製品や陶磁器も同様の意味合いからダブーとされている地域文化があるようです。
しかしどれも新生活にとっては必要なものでもあり、相手によっては喜ばれるものでもあります。
生活環境などにもよりますので、こうしたおめでたい場合の物については、ざっくばらんに相手に聞いてみるのが無難です。
物によっては、複数あって無駄なものになりかねませんので。
参考:大人のマナー常識513(PHP文庫)
著書:「-IT坊主のひとりごと」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/57647031

この記事へのトラックバック一覧です: プライベートマナー(贈答に関する日本文化:結婚祝いの品):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ