マナー(尊敬語と謙遜語の混同)

尊敬語と謙遜語を混同すると折角の気配りのつもりでも台無し。
こんな言い方が氾濫しています。貴方の周り(会社、組織の教育)は大丈夫?
おかしやすい表現の代表格は次です。
・「お食事はいただかれましたか」(?)→「お食事は召し上がりましたか」(正しい)
・「○○さんはおられますか」(?)→「○○さんはいらっしゃいますか」(正しい)
・「受付でうかがってください」(?)→「受付でお聞きください」(正しい)
・「資料は拝見されましたか」(?)→「資料はご覧になりましたか」(正しい)
・「御社の○○さまが申されました」(?)→「御社の○○さまがおっしゃいました」(正しい)
・「○○さまでございますね」(?)→「○○さまでいらっしゃいますね」(正しい)
謙遜語は自分をへりくだって表現する言葉ですから、相手の行為に対して使うものではありません。
著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/57726614

この記事へのトラックバック一覧です: マナー(尊敬語と謙遜語の混同):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ