後生大事(ごしょうだいじ)

「後生(ごしょう)」は、「後世(ごせ)」、「来世(らいせ)」、「来生(らいしょう)」ともいい、私たちが亡くなった後の世界で、「前世(ぜんせ)」に対する言葉です。
後生大事の意味合いとしては、
・なくなった後の、「安寧(あんねい):心が穏やかで平和な状態」を心から願う。
・なくなった後は、極楽往生が大切であるということ。
・「後生一大事」ともいいます。
・転じて、「後生大事に持つ」というように、物を大事にすることを表す表現で使う場合もあります(この使われ方が一般的には多い)。
などのように、いささか意味合いが異なる使われ方もされますので、状況に応じて解釈することが必要です。
eお坊さんねっと 仏教ことわざ小事典より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ