情報セキュリティ(「偽セキュリティ対策ソフト」型ウイルスへのサイト管理者が行うべき対策)

ウェブサイトが改ざんされてウイルスをばら撒くようなサイトにされてしまうと、一般利用者が閲覧した時にウイルス感染させてしまう恐れがあります。
ウイルスをばら撒いてしまうだけでなく、他のサーバーへの攻撃時の踏み台として悪用されるなど、被害が計り知れませんので、サイト管理者は自身が管理するウェブサイトが改ざんされないよう、適切に運用する必要があります。
サーバーが不正アクセスを受けて改ざんされないようにするには、サーバー上でつぎの対策を行うことが有効です。
・サーバーの脆弱性の解消 ・アカウント管理の見直し
・ウェブサイトを更新できる場所(IPアドレスなど)を限定
・ウェブサイト更新専用パソコンの使用
参考:IPA情報セキュリティ「どうして偽セキュリティ対策ソフトがインストールされるの? 」

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ