説話(読経:経本の使い方)

厳かにいただいてから頁を開き、合掌した親指と人差し指に挟んで持ちます。
読むときは、うつむかずに経本を眼の高さまで捧げて読みます。
見台(けんだい)があればそれに立てかけてもいいですし、経机の前で読経するときは、机の上に置いて読んでも構いません。
但し、「床にじかに置く」こと、「またぐ」ことはお止めください。
eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ