煩悩

煩悩とは、人間の身心の苦しみを生みだす精神の働きで、肉体や心の欲望、他者への怒り、仮の実在への執着などを言います。

人には108の煩悩があると言われていますが、必ずしも数が決まっているわけではなく、108というのは大変多いを表し、数は時代や教義によって変わり、“84000煩悩という説もありますから、「煩悩の数は十人十色と捉えましょう」と言うと、話が発散してしまうと共に、有り難味がなくなってしまいますので、一般的に言われている108煩悩を整理分類すると、

貧(とん):むさぼりの心、瞋(じん):怒りの心、痴(ち):愚かな心

慢(まん):高ぶりの心、 疑(ぎ):疑いの心、 見(けん):誤った見方をする心

の六つに分類できます。

このうち、中心である貧瞋痴(とんじんち)を「3毒」の心と云います。

お釈迦さまは、この「3毒を清らかにし、静め、平安の気持ちに入ること」を説いたのです。

「冷静になりなさい。怒らずゆっくり考えなさい、行動しなさい。」という教えです。

時には、“心のシェイプアップを!!”フォームの始まり

フォームの終わりeお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ