整体(津液:しんえき)

あまりおなじみの言葉ではありませんが、「津液(しんえき)」とは、体内の正常な水液の総称です。

唾液、涙、鼻水、汗、尿など、外に出て行くものも含まれます。

つまり、体内に入った飲食物は変化して「津液」になり、清いものと濁ったものに分けられ、清いものは全身を廻り、濁ったものは尿などとして対外に排出されます。

また、「津液」は「津」と「液」に分類され、

「津」は澄んでサラサラしており全身に流れて各組織に栄養を与え潤します。

「液」は濁ってネットリしており、筋肉に注いで潤し、関節に注いで動きを滑らかにし、脳に栄養を与えます。

「津液」の生成は飲食物からで、よく耳にする「気血」や「精」と相互に作用し合っています。

一般的に耳慣れない言葉が登場しましたが東洋医学においては一般的な用語(言葉)になっています。

いずれにしても身体に取り込むもの(飲食物)は健康には大切なものです。

美容と健康サロンマキ 健康ワンポイント

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ