マナー(手紙の書き出し)

書きなれている場合にはすらすらとなるでしょうが、書きなれない場合には書き出しから悩みます。

事務的な用件などの場合に良く使うのが「前略」です。

「前略」で書き出した場合には、前文を省略してすぐに用件に入りますという意味合いです。

略式の手紙になりますから、目上の人への手紙では「前略」を使うのはタブーです。

但し、災害見舞いや事故見舞いなどには「前略」を使います。

<参考>:手紙の最後に「追伸」として書くことがありますが、これは親しい間柄では許されますが、目上の人には使わないのがマナーです。

著書:「-IT坊主のひとりごと」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/58741356

この記事へのトラックバック一覧です: マナー(手紙の書き出し):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ