供養(追善の意味)

仏教では、亡き霊の追善(ついぜん)を行う(願う)意味合いとしては、二通りの解釈があります。

一つは、亡者は成仏して極楽(ごくらく)にあるとする見方であり、今生きている私達子孫が差別など対立のない境地に到達できるよう願い、どうぞ見守っていてくださいと先祖に祈り、善を積むという解釈で、

二つ目は、亡者が生前そういった心境には達しておらず亡者の成仏を願い、子孫が亡者に成り代わって施しの善根(ぜんこん:良いむくいを受ける行い)を積み、亡者には極楽に行っていただきたいたいと願うことです。

このように明らかに目的が異なる解釈があります。

どのように解釈するかは心の問題で、想いが大切かと考えます。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ