先輩からの贈り物(和食の常識:箸づかい)

今までに、多くの先輩(先人)から、姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。今や大切な財産です。一部ですがおすそ分けです。

会食(おもてなし)の場での基本マナー、「やってはいけない箸づかい」について、

『「箸づかい』にはいくつかのタブーがあります。

食べ物を突き刺したり(刺し箸:例えば里芋のように滑りやすいものは箸で割ってから食べます)、

箸先で器を引き寄せたり(寄せ箸)、

箸先をなめたり(ねぶり箸)、

中身を探るように料理をかき混ぜる(さぐり箸)、

料理の上でどれを取ろうかと箸を動かす(迷い箸)、

箸から箸へ食べ物を渡す(拾い箸)、

箸の先で物や人を指す〔指し箸〕、

箸と器を同じ手で同時に持つ(握り箸)、

器の上に箸を渡して置く(渡し箸)などはマナー違反です。』

いくつかは身に覚えのあるものがあるのでは。―仏教 食事作法 よりー

マキコーポレーション「先輩からの贈り物集」より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ