先輩からの贈り物(和食の常識:ふた付き料理のふたの扱い)

今までに、多くの先輩(先人)から、姿かたちでは表現できない沢山の贈り物をいただきました。今や大切な財産です。少しですがおすそ分けです。

会食(おもてなし)の場での基本マナー、「ふた付き料理のふたの扱い」について、

『和食では、ふた付きの料理が多くあります。ふたは器に手を添え、もう一方の手で開けて、裏返しにして右側に置くのが基本ですが、器が複数ある場合は、最初に全てのふたをとります。

右側にある器のふたは右側に、左側にある器は左側に置くのが原則で、お膳の場合はお膳の外に置きます。

食べ終わったら元通りにふたをするのが作法です。

尚、食べ終わった器を重ねるのはマナー違反です。』

―仏教 食事作法 よりー

マキコーポレーション「先輩からの贈り物集」より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ