« 整体(好転反応:「弛緩反応」) | トップページ | 整体(好転反応:「過敏反応」) »

2014年2月11日 (火)

整体(好転反応:「弛緩反応」)

整体などを行って(続けて)いると、体調の好転に伴って身体が敏感になり、自然治癒力の活性化が起き、病気を治し、健康を増進しようとする働きが強まってきます。身体が悪い状態から良い状態に移るときに一時的に起こる現象で、具合が悪くなったのではないかと思われる症状を感じる人が居ます。これを「好転反応」といい、次のような現象があります。・弛緩(しかん)反応・過敏反応・排泄反応の三つです。

今回は、「「弛緩反応」についてです。

この現象は、萎縮していた身体が緩み、身体が温かくなり、お風呂にはいっていたかのように倦怠感(だるく)感じることがあります。

いくらか身体が軽くなったように感じることもあります。

眠くなることもあります。

好転反応の最初の段階です。

美容と健康サロンマキ 健康ワンポイント

« 整体(好転反応:「弛緩反応」) | トップページ | 整体(好転反応:「過敏反応」) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 整体(好転反応:「弛緩反応」):

« 整体(好転反応:「弛緩反応」) | トップページ | 整体(好転反応:「過敏反応」) »

ウェブページ

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ