説話(五観文)

禅寺では、命を保つ上での「食」や「調理」は重要な修行の位置を占めます。食事をいただくときの心構えや、調理のするときの心構えなど、事細かく作法が定められています。道元禅師は、食事の作法を「赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)に、示しました。食事のとき唱える「五観の偈(ごかんのげ)又は、五観文」という言葉とその教えです。(現代解釈)

一つには、食べ物と私の口に入るまでの、育て作ってくれた人々や自然の恵みに感謝します。

二つには、自分が、それらを与えられる徳を積んでいるか考え、徳を積むようにしよう。
三つには、貪(むさぼ)りの心を離れ、欲ばらず、慎んでいただきましょう。
四つには、食べるには良薬の如くにして、体を療ずる為のものです。
五つには、自分の人生の道を成ずる為に、今この食事をいただきます。
の五つの誓いを唱えます。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ